アーカイブ

衆議院本会議で代表質問に立つ。 防衛省設置法等改正案

2017/04/01

3月31日、衆院本会議で「防衛省設置法等の一部を改正する法律案」に関する
質疑で、私あおやぎ陽一郎が代表質問に立ちました。

2006年に防衛庁省昇格関連法が臨時国会で成立し、翌年1月9日に防衛省
が発足してからちょうど10年。
防衛省は今、大臣のシビリアンコントロールの欠如、自衛隊の情報が流出する
ガバナンスの問題で危機的状況にあると思います。
今回の法案は重要な法改正であり、まずは大臣のシビリアンコントロールや、
防衛省・自衛隊のガバナンスの回復が先ではないかと考えます。

法案については一定の必要性は認めますが、
(1)日豪、日英ACSAで定められることで弾薬の提供の問題
(2)一体化の問題
(3)豪英両軍と自衛隊の訓練とは具体的にどんなケースを想定しているか
不明確なこと
ここはさらに詰めていく必要があります。

本来は、わが国周辺の安全保障環境が厳しさを増しているなか、外交政策とは
別に幅広い視野から国民の生命・財産、領土・領海・領空をしっかり守っていく
ためにどのような政策を取っていくのか、骨太な議論をすべき時です。

大臣のシビリアンコントロールと防衛省・自衛隊のガバナンスの回復を強く
求めて参ります。

民進党 次の内閣 防衛担当大臣
衆議院議員 あおやぎ陽一郎